成宮取材に問題発生!タイ、フィリピンの取材に、元暴力団員も暗躍

2016年末に突然報じられ、成宮寛貴が光の速さで芸能界を引退するという、誰もが予想しなかった結末を迎えた「成宮寛貴コカイン吸引疑惑」。

成宮を週刊誌に売ったSというハーフの正体もあまりに怪しく、各メディアが報道から手を引き始めている。

「このSは、ブラジル人とのハーフで六本木を根城にし、関東連合などの半グレやホスト連中とつるんでいた。Sと兄貴分のAという人物は、各週刊誌に数百万円でネタを売り歩き、唯一FRIDAYが交渉に応じた。その際に、かなり買い叩かれたようで、報道後にツイッターやブログを開設し小遣い稼ぎをしようとした。しかし、思った以上にアクセスも伸びずに、現在は六本木に居場所がなくなり地方のホストを転々としているという。各メディアも、このSとAのコンビが金に汚く、また半グレ連中とつるんでいることで距離をおき始めている。未だに、確定的な写真を持っていると売り込んでいるようですが、どこの媒体も相手にしていない状況のようです。また、成宮の所属事務所であるトップコートも、民放各社やスポーツ新聞に今後、成宮の動向を報じないように挨拶回りをしたようで報道は一気に終息していったんです。」(週刊誌気記者談)

そんな中、一部の週刊誌はしつこく成宮の動向を探っているという。

「成宮は東南アジアを経由してヨーロッパに入ったと言われているが、現在はアジアに戻ってきているという情報がある。とある実話誌などと関係が深く、フィリピンで顔が利く元暴力団幹部などが、成宮の情報を売りさばこうとしているようです。成宮自身も芸能生活で稼いだ数億円と言われる貯蓄もあるようで、この資産を狙って成宮の身柄を抑えようとしているアウトロー系の連中もアジア入りしているという。この連中はコカインや覚醒剤を成宮に売りつけようとしているということです。日本ではマスコミに追われなくなった分、アジアという無法地帯に入り込んだおかげで、今度はアウトロー連中に追われるハメになっているようです。今回の一件で、成宮は日本での交友関係も全て精算してしまったので、誰も助けてくれる人物もいなければ、日本での情報も殆ど入ってこない。現在、日本ではさほど話題になっていないことを知らない成宮は、未だにアジアで「逃亡生活」を続けている。直ぐにでも日本に帰ってくれば、数日間マスコミに追われるくらいで命の危険までは無いはずですが、未だに命の危険さえあるアジアに居続けてしまっているんです。」(週刊誌記者談)

暮らしていくには有り余る資産を持っているようだが、逆にアウトローに狙われることになるとは本人も思ってもいなかっただろう。成宮がコカインや薬物を本当にやっていたのかどうか?現時点では、本人のみ知るところとなっているが、日本を離れ逃亡を続ける限り、悪の手は成宮を追い続けていくようだ。

相葉雅紀の実家、ジャニーズから警告受ける

嵐の相葉雅紀の実家で両親が経営する桂花楼、

そして叔母が経営する【ヒーリングストーン 癒夢】

あまりにも店内に嵐のグッズをおいたりと、相葉雅紀との関係性を誇示するあまり、藤島ジュリー景子からクレームが入ったとの赤坂方面からの噂。

ジャニー喜多川、引退へのカウントダウン

所属タレントのトラブルが続いているジャニーズ事務所。昨年末のSMAP解散の大騒動以来マスコミの統制も取れず、熱愛スキャンダルから中には金塊強盗との写真がネットに流出するなど目も当てられない状況だ。

 

「これまでは、ジャニー喜多川社長とSという広報部長が二人三脚でマスコミ対応をしていた。加えて、SMAPのチーフマネージャーだった飯島三智氏も加わり、そのキャスティングを武器にスキャンダルを封じてきたんです。しかし、飯島氏はSMAPの独立騒動で会社を去り、同じくして広報部長のS氏も昨年退職してしまった。そこからスキャンダルが多くなり、歯止めが効かない状況になっているんです。ただ、ジャニー喜多川社長に恩義を感じているマスコミ関係者は多く、特にテレビ局スタッフなどはジャニーさんのために、ジャニーズタレントに不利になる情報をいまだに情報番組では流さないようにしているようです。」(スポーツ新聞記者談)

 

そんな最後の砦とも言えるジャニー喜多川社長にも、引退の声が聞こえ始めているという。

 

「ジャニーさんに対して引退を薦めているのは、実の姉のメリー喜多川と娘である藤島ジュリー景子だと言われる。ジャニーズ事務所は嵐を2020年のオリンピックで売り出したい。しかし、大手広告代理店から「ジャニーさんの少年愛報道が問題になるかもしれない」と相談を受けているんです。週刊文春が報じたジャニー喜多川社長の少年愛報道は、日本では各マスコミが黙殺したため大きな話題となりませんでしたが、問題の根は深い。特に、児童ポルノに厳しい欧米各国向けにジャニーズ事務所が身辺調査をされると非常にまずい現状です。その当事者がいまだに代表権を持っているわけですから、早いうちに対処したいというのが、スポーツ利権を牛耳る大手広告代理店の思うところです。ジャニーズとしては、早急に藤島ジュリー景子へ代表権を移し、ジャニー氏は第一線から外れてもらうつもりのようです。しかし、ジャニー氏が経営から退けば、更にマスコミや民放各局のジャニーズ離れが加速する。そうなると、いま以上にスキャンダルも報じられるようになるでしょうね。」(民放関係者談)

 

変革の時を迎えるジャニーズ、どのみち、いままでのようにすべてが上手くいくという状況ではないようだ。

木村拓哉、主演映画が大コケで嵐ファンからも総スカン

木村拓哉が主演を務めた映画「無限の住人」が公開初週の興行ランキングで6位という大惨敗に。ジャニーズ事務所でも連日緊急の会議が何度も開かれたという。

 

「今回は、木村が普段取材を受けないような雑誌媒体やメディアに多く出演。テレビ番組でもバラエティや情報番組など、とにかく手当たり次第に出演をした。その結果の大惨敗とあり、SMAPの解散騒動で悪名を轟かせたジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長の怒りは凄まじく、ジャニーズ内部では宣伝担当の役員、映画を取り仕切るプロデューサーが降格させられるのではと不穏な情報も出ている。普段は温厚な次期社長候補と言われるメリー氏の娘である藤島ジュリー景子も焦っていたようで、各情報番組で放送される映画の興行ランキングを何とかその週だけ中止にできないかと、各局のプロデューサーに相談をして回っていたと聞きます。」(民放関係者談)

 

キムタクのショックも相当なものだったようだが、間髪入れずに後輩である嵐の二宮和也と共演をする映画「検察側の罪人」の発表が行われた。

 

「すでにネットでは俳優として評価の高い二宮に便乗したと、キムタクバッシングが始まっている。もはや俳優としてのキムタクのプライドはズタズタに切り裂かれた状態で、一部のジャニーズスタッフの間では「こんなことならSMAPを解散させるべきではなかった」と、恨み節が聞こえてくる始末のようです。」(芸能関係者談)

 

SMAPの解散騒動で一番評価を落としたのは、やはり木村拓哉だったようだ。

大島優子、FUCK動画で干され海外逃亡へ。休業は否定も大目玉

沖縄で開催されたAKB48選抜総選挙で、スピーチ中に突然の結婚発表をしたNMB48須藤凜々花。この模様はフジテレビでの中継でも放送され、各メディアで大きく報道された。メンバーたちから不満の声が多く聞こえてきたが、AKB48のOGからも批判は相次ぎ、総監督を務めた高橋みなみを始め、総選挙という舞台での暴挙を嘆く声が多数上がった。その中でも、「FUCK」と批判をしてしまったのが、大島優子だ。

大島は、インスタグラムの動画配信を使い数名の仲間とともに今回の騒動を批判する行動に。その際に、帽子に書かれた「FUCK」というロゴをアップで写すなど悪ノリ。これが裏目に出る結果となり、大島のSNSは炎上。直ぐにツイッターにて「この度は、インスタ動画で不適切なコメントをして申し訳ございませんでした。不愉快な気持ちにさせてしまってごめんなさい。反省しています。」と謝罪することになった。

「大島は熱い性格で、今回の須藤の一件をテレビ放送で見ていて怒り心頭に。AKB48の運営会社であるAKSの幹部にも連絡をし、事の真相を問いただしたそうです。この動画を撮影した時も、仲間内でやけ酒を飲んでいたようで、勢いで動画配信を行ったようです。この動画を見つけた事務所幹部がマネージャーへ連絡。直ぐに謝罪をするはめになった。というのも、大島はCMの話やドラマの話も進んでいた中で、今回の一件がニュースで広まってしまい広告代理店からすぐに確認が事務所に来てしまったからです。本人は軽い気持ちで行ったのかもしれないですが、事態は深刻な方向へ進んでいった。」(週刊誌記者談)

なぜに大島はここまで炎上し、謝罪をすることにまでなってしまったのか?

「大島は女優としてライバル関係にあった前田敦子と共に同じ事務所で切磋琢磨しあう仲でした。しかし、役になかなか恵まれず、話題作に出演はするが結果が出ない状況だった。片や難しい役もこなし評価を上げた前田と差が開くばかり。仕事が無いのか、最近では他のAKB48のOG達と同じく「ファンミーティング」で高額なチケットやグッズを売る商売を行っています。実は大島は、こういったAKB48の頃の栄光にしがみつくような仕事を嫌っていた。そういった反動もあり今回のような過激な抗議行動に出たのですが、現在の売上の生命線であるファンから総スカンを食らってしまったんです。大島のファンとしても、テロリストのような須藤の行動で、総選挙というシステムもAKB48グループもガタガタとなっている中、少しでも現役のメンバーを励ますコメントを待っていた。なのに、悪ふざけをして騒動を拡大するような大島の稚拙な行動に、SNSなどでファンは抗議の行動を起こした。現在の大島の収益源であるファンクラブの運営も危うくなり、また、AKB48時代からのファンを見込んだ上でのブッキングをしている広告代理店やドラマ、映画の関係者からも引いた目で見られるようになってしまう。実は、今回の騒動は女優としての仕事が少なくなっていた大島にとってはかなりの痛手だったわけです。」(スポーツ新聞記者談)

そして、海外への留学という突然の発表も今回の炎上と深く関わりがあるという。

「事務所としては、数ヶ月間お灸をすえるために海外留学という名の謹慎を行おうと考えていた。そこを、デイリースポーツと東スポにすっぱ抜かれ、急遽「留学」ということにしたんです。しかも、芸能活動を休止すると報道されてしまったことで、大慌てで否定するなど大混乱に。実際は、留学をするようなスケジュールは組んでいないようで、せいぜい語学教室に通う程度。東京でも出来るようなものだそうです。実情は、関係者へ向けての見せしめ的な部分が大きいようで、公式のSNSなども勝手に大島が配信しないように厳重にスタッフに管理されるようです。数ヶ月して須藤の卒業が発表されホトボリが冷めた頃にこっそり戻ってくるつもりのようです。」(週刊誌記者談)

一人の身勝手な行動で、卒業メンバーまで巻き込み混乱を生み続けている須藤の結婚騒動。最終的にはどんな結末を迎えるのか?楽しみで仕方がない。