成宮取材に問題発生!タイ、フィリピンの取材に、元暴力団員も暗躍

2016年末に突然報じられ、成宮寛貴が光の速さで芸能界を引退するという、誰もが予想しなかった結末を迎えた「成宮寛貴コカイン吸引疑惑」。

成宮を週刊誌に売ったSというハーフの正体もあまりに怪しく、各メディアが報道から手を引き始めている。

「このSは、ブラジル人とのハーフで六本木を根城にし、関東連合などの半グレやホスト連中とつるんでいた。Sと兄貴分のAという人物は、各週刊誌に数百万円でネタを売り歩き、唯一FRIDAYが交渉に応じた。その際に、かなり買い叩かれたようで、報道後にツイッターやブログを開設し小遣い稼ぎをしようとした。しかし、思った以上にアクセスも伸びずに、現在は六本木に居場所がなくなり地方のホストを転々としているという。各メディアも、このSとAのコンビが金に汚く、また半グレ連中とつるんでいることで距離をおき始めている。未だに、確定的な写真を持っていると売り込んでいるようですが、どこの媒体も相手にしていない状況のようです。また、成宮の所属事務所であるトップコートも、民放各社やスポーツ新聞に今後、成宮の動向を報じないように挨拶回りをしたようで報道は一気に終息していったんです。」(週刊誌気記者談)

そんな中、一部の週刊誌はしつこく成宮の動向を探っているという。

「成宮は東南アジアを経由してヨーロッパに入ったと言われているが、現在はアジアに戻ってきているという情報がある。とある実話誌などと関係が深く、フィリピンで顔が利く元暴力団幹部などが、成宮の情報を売りさばこうとしているようです。成宮自身も芸能生活で稼いだ数億円と言われる貯蓄もあるようで、この資産を狙って成宮の身柄を抑えようとしているアウトロー系の連中もアジア入りしているという。この連中はコカインや覚醒剤を成宮に売りつけようとしているということです。日本ではマスコミに追われなくなった分、アジアという無法地帯に入り込んだおかげで、今度はアウトロー連中に追われるハメになっているようです。今回の一件で、成宮は日本での交友関係も全て精算してしまったので、誰も助けてくれる人物もいなければ、日本での情報も殆ど入ってこない。現在、日本ではさほど話題になっていないことを知らない成宮は、未だにアジアで「逃亡生活」を続けている。直ぐにでも日本に帰ってくれば、数日間マスコミに追われるくらいで命の危険までは無いはずですが、未だに命の危険さえあるアジアに居続けてしまっているんです。」(週刊誌記者談)

暮らしていくには有り余る資産を持っているようだが、逆にアウトローに狙われることになるとは本人も思ってもいなかっただろう。成宮がコカインや薬物を本当にやっていたのかどうか?現時点では、本人のみ知るところとなっているが、日本を離れ逃亡を続ける限り、悪の手は成宮を追い続けていくようだ。

錦織圭の彼女は玉森裕太の元カノ?

世界の錦織圭の恋人と噂されるモデルの観月あこ。この彼女が、キスマイの玉森裕太の元カノだという。

「名前は全然違いますが間違 いないです。観月あこは立花舞として過去に活動。玉森との反動性報道を女性誌にすっぱ抜かれ破局しました。この時に、破局のショックから一時期芸能界を休 業、その後に名前を観月あこに変え復活したんです。それにしても、いまや10億円を稼ぐと言われる錦織圭を捕まえる当たり、スゴイというか商魂たくましい というか…。(スポーツ新聞記者談)」

錦織圭さん、気をつけて!

仲間由紀恵に囁かれる偽装結婚の噂

仲間由紀恵が俳優の田中哲司と婚約を発表し話題となった。しかし、業界内では別の意味で驚く声が。

「田中哲司は演技派で監督やプロデューサーにも人気の高い俳優です。ただ、女癖が非常に悪く、仲間由紀恵との交際が噂されていた2010年 ころからも度々別の女がいたようです。しかも、なぜかお笑い芸人のカラテカ入江と仲がよく、入江が毎日開いている素人との合コンにもよく顔を出していたと 聞きますからね…。勿論、仲間サイドもその話は知っているようでよく結婚を許したな、と話題です。しかも、仲間には常々「同性愛」疑惑が付きまとってい た。今回の田中との結婚も、2010年ころからの長い付き合いということならばなぜそんな女癖が悪い田中を選んだのか。偽装結婚を疑う声も聞こえてきてますよ。(民放関係者談)」

おかしな点も多い今回の結婚騒動。ミステリアス女優として人気が出た仲間由紀恵は、やはり私生活もミステリアスなようだ。

中島裕翔が落ちた吉田羊のエロス

20歳差の熱愛報道が出ている「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔と女優の吉田羊。

今回、ジャニーズサイドからのリークでこの報道がされたことはお伝えしたが、なぜ20歳も離れた女性に?

「中 島はマザコンとしても有名。吉田に対して一目惚れだったようです。ほとんど女性経験のなかった中島は、吉田と付き合うようになり、そのねっとりとした大人 のセックスに溺れたそうです。吉田は気が強く、いままでもブレイクまでに借金生活をしていたほどで男勝り。そんな彼女のリードに、体も心もメロメロだった ようです。吉田も、はじめは乗り気ではなかったが、自分も毎日のように求めてくる中島と、本気で結婚も考えたようです。(週刊誌記者談)」

年上女性の性技はスゴイ!

中島裕翔、吉田羊ジャニーズが週刊ポストに報じさせた

Hey!Say!JUMP中島裕翔と女優・吉田羊の熱愛スキャンダル。この一報を報じたのが、最近全くスクープもない週刊ポストだった。

なぜ?

「こ の報道ですが、元々は、週刊文春が追っていたもの。ジャニーズがその動きに気づき、カレンダーや女性セブンで付き合いの深い小学館に持ち込んだものです。 女性セブンで報じるわけに行かないので、文春よりも発売曜日の早いポストに無理やり写真まで撮らせて報じた。文章と写真にもジャニーズサイドの校正が入っ たようで、完全に被害者は全く何も知らなかった吉田羊サイドだけ(笑)。吉田は社長と二人三脚の個人事務所なので、この一件でCM契約などが終わり次第、 表舞台からは姿を消すでしょうね。(スポーツ新聞記者談)」

恐ろしい…。

嵐、SMAPは出ない?東京五輪とジャニーズの裏側

秋元康氏の東京五輪組織委理事就任が話題となっていが、そんな中でもっと話題がジャニーズ。

「ジャニー喜多川社長は表に出ないの で、理事にするには無理。しかも、少年愛報道なども過去にされているため、ジャニーズとしても文春との闘いを蒸し返したくないし、また、少年愛などに厳し い諸外国の目があるので、東京都も動けない。なので、いまの段階ではAKB48はいいとしても嵐やSMAPの扱いをどうするか迷っているようですね。(週 刊誌記者談)」

東京都としても、世界に誇れるアーティストがいればいいが、坂本龍一や喜多郎、北野武など海外でも有名なアーティストはごく一部。盛り上げるべきか、海外の目を気にするのか?悩ましい所だ。

深田恭子に再度のレズ説が浮上?

深田恭子に二丁目のバーのママ辺からレズ説が。

「最近ほんとうによく見るの、深キョン。なんか、泥酔して付き合ってた彼氏(五十 嵐麻朝)とわかれたって泣くみたい。なんか、男のほうが周りから「無名役者のくせに何やってんだ」って怒られたみたいよ。なんか最近、深キョンそんな感じ で男とわかれることが多いみたいで、男性不信になってるみたい。だから、レズに走るんじゃないかって、みんな期待しているのよ!」

深キョンと付き合う男はみな出世するという、芸能界一のあげまんの異名を取る彼女。あやかりたい男は山のようにいそうだが・・。

業界人が最も見る番組は意外なあの番組!

今業界人たちがこぞって話題に上げるのは、意外なNHKのあの番組だった。

「【あさイチ】ですね。話題になったセックスレス特集 などを堂々と出来るのも、CMクライアントをもたないNHKだからこそ。全体的な作りもよく、お手本にしているディレクターは多い。しかも視聴率もなかな かいいので、大物芸能人がゲストとして出たがる。MCにV6の井ノ原快彦がいるのでジャニーズのタレントも出やすい。(民放関係者談)」

一回、早起きしてみてみようかな?

ベッキーに待ち受ける地獄

ゲスの極み乙女。ボーカルの川谷絵音都の不倫騒動で芸能界を干されているベッキー。その後に待ち受ける地獄とは?

「ベッキーは川 谷が初めての男で、いまでもなお結婚をする気でいる。ネットやスポーツ新聞の報道に惑わされないでと川谷に吹き込まれ、川谷が妻と復縁に向け動いているこ とも知らないようで、実家に帰り健気に川谷の離婚を待っているようです。川谷はスタッフ共々今回の一見は「有名税」と言い切っているようです。結局はアル バムも売れ、川谷もゲスの極みも知名度が紅白出場と一緒に飛躍的に上がったので良しとしているようです。被害者はやはりベッキー一人で、今後は精神的な ショックから自殺をしないように、事務所スタッフ、家族が終始監視をしている状況のようです。(スポーツ新聞記者談)」

ベッキー、かわいそうに。

清原覚醒剤逮捕で広がる芸能人芋づる逮捕

ASKAに続き、清原も覚醒剤で逮捕されたことで芸能界にも激震が走っている。

「かつて、週刊誌で報道された、飯島愛の運転手で その後、ASKAの運転手を勤め、最近では清原の身の回りの世話をしていた「運転手」が暴力団とタレントを結んでいた黒幕と言われている。この運転手は一 人ではなく、表立っては人材派遣会社系列の会社登記をしていて、裏社会と通じる人物が社長をしています。今回、ASKAと清原は同じルートから覚醒剤を仕 入れたとされ、ここは大物ミュージシャンTや、夏が似合う歌手Mなどとも通じていて、逮捕の報道もあります。(週刊誌記者談)」

ぜひ、芋づるで逮捕して欲しい。