NEWSは解散か?手越祐也が7億円金塊窃盗犯のFBに登場で芸能界追放へ

元KAT-TUNの田中聖が大麻の所持で逮捕、女性週刊誌は金欠となり数千万単位の借金に追われていたと報道をするなどバッシングが相次いでいる。

 

中でも衝撃的だったのは、「元仲間」であるジャニーズタレントの発言だ。

 

「各局こぞって自社の番組に出演しているジャニーズタレントに、田中聖について喋らせるように調整をしました。最近では情報番組に出演するジャニーズタレントが多い中、話題になるので躍起になっています。」(民放関係者談)

 

その結果、国分太一、小山慶一郎、加藤シゲアキ、そして共に活動をしていたKAT-TUNの中丸雄一は「どんな生活をしていたのか」と辛辣な言葉を投げかけている。

 

「みな、ダメ元でジャニーズ事務所に打診をしたら、ほとんどがOKとなった。元SMAPの中居正広や香取慎吾はNG、NHKで活躍する井ノ原快彦の番組からは打診はなかったようです。この事務所の判断にみな驚いている状況です。そもそも、ジャニーズは元所属タレントに対して無視を決め込むことが多かった。しかも、クビになって年月も立っていない田中の事件ですから、過去の所属をしていた頃の悪行まで暴かれる危険もあり無視で良かったはず。」(民放関係者談)

 

その結果、とある事件のもみ消しに田中が利用されたという情報が流れ始める。

 

「7億円金塊窃盗犯のフェイスブックに手越祐也がしっかりと写っている写真が掲載されていたことが判明した。全国紙新聞各社からの問い合わせにジャニーズも無視ができなくなり、「ファンだと思い頼まれて撮影をした。軽率だった」と異例のコメントを出した。この情報は、民放各局ではほとんど報じられず情報規制がジャニーズ事務所から入りました。田中の事件はこの報道を消すためのリークだったという話もある。また、田中の事件を大きくするために、ジャニーズタレントが田中についてコメントをさせられたようです。」(民放関係者談)

 

ここまで女性スキャンダルを始め、トラブル続きの手越。ここに来て、事務所はかなり厳しい処罰を与えるという。

 

「手越については、次期社長の藤島ジュリー景子のお気に入りと言われているのですが、好感度も低くCMでの売り出しができない。また、所属のNEWSも事実上の解散状態で人気がない現状です。今回の、犯罪者との写真も本人が必死に弁明はしていますが、事務所も手越を疑い何かしらの金銭援助などを受けていたのではないかと事情聴取をしたほどです。そもそも、手越がおかしな半グレと遊び歩いているという情報も六本木界隈であっただけに、現在手越は仕事への送迎は必ずマネージャー、仕事以外は自宅謹慎という重い処罰を与えられている。破れば、契約更改も無いという厳しいものです。」(週刊誌記者談)

 

一説には、金塊窃盗犯との関係を週刊誌が裏取り取材に入っているという情報もあるだけに、今後の手越祐也の処分はファンならずとも気になるところだろう。

櫻井翔の結婚がついに発表される!?

ついにXデーは来るのかと言われているのが、櫻井翔の結婚だ。日本で最も有名なアイドルグループで初の結婚となれば大きな話題となる。

 

「SMAPの人気絶頂期に木村拓哉と工藤静香が結婚をしましたが、ジャニーズ事務所からの各マスコミへの圧力で未だに木村を妻帯者であると報じることは未だにありません。しかも、メリー喜多川からの条件として、工藤静香に【芸能界引退】をすることを申し出ている。工藤も、結婚後はゆるやかに芸能界から距離をおき、実質的な引退状態になった。それだけ、ジャニーズ事務所ではトップグループの結婚はナーバスな案件となるのです。」(民放関係者談)

 

しかし、櫻井の結婚は意外にもそこまでの情報統制がないという。

 

「そもそも、ジャニーズ御用達の出版社である小学館の週刊ポストのみが独占スクープし、その後、どの媒体も二人のツーショットを撮れていない。これは、明らかにジャニーズが仕掛けた結婚報道で、木村拓哉と工藤静香の時の結婚とは真逆の展開です。圧力を掛けるのではなく、結婚へ向け情報をコントロールし、上手く二人の結婚を世間に祝福させようとしているようです。また、テレビ朝日もポストの取材に「親しい友人の一人」だとコメントを出している。これも、いままでの状況を見たら異例です。結婚へ向けて、二人の意志が固いことを確認し、着々と入籍へ向けて準備が進められている。一説には、来年の元旦に入籍という情報まで出始めています。すでに、今年の紅白は嵐全員で総合司会をすると現段階で内定が決まっているという情報もあり、紅白の司会終わりで、各スポーツ紙の元旦版の一面を飾らせる調整も進められているといいます。」(週刊誌記者談)

 

非常にめでたい話なのだが、実はこの結婚報道は嵐のとあるメンバーの不祥事と大いに関係があるとか。

 

「松本潤が、AV女優の葵つかさをセフレにしていたことが暴かれ、その変態的なプレイまで赤裸々に書かれてしまった。この報道を受け、松本との結婚のために事務所を独立までした井上真央とは距離ができ、すでに破局をしてしまって言えるという。傷心の井上真央は、芸能界の引退までささやかれるほどでかなり大事になっている。そこで、ジャニーズ事務所としては切り札として、櫻井の結婚報道を引っ張り出してきた。松本の【不祥事】を完全に吹き飛ばせるくらいのネタとして用意されたのです。嵐の中でも、リーダー的存在の櫻井と、コンサートプロデュースなど裏方としても活躍している松本は元々あまり仲が良くなかった。今回の櫻井の結婚報道は、事務所からの松本へこれ以上、女関係で好き勝手なことはするなよという警告でもあると言われています。未だに松本は、城田優や小栗旬などと六本木で遊びまわり、女の噂も多い。SMAPが解散したいま、大黒柱である嵐に不祥事があってはならないという、事務所の強い意志を感じますね。」(週刊誌記者談)

 

毎年のように、元旦になると結婚報道が噂され続けてきた松本潤と井上真央。まさか、こんな形で破局を迎えるとは、本人たちは思ってもいなかっただろう。

成宮取材に問題発生!タイ、フィリピンの取材に、元暴力団員も暗躍

2016年末に突然報じられ、成宮寛貴が光の速さで芸能界を引退するという、誰もが予想しなかった結末を迎えた「成宮寛貴コカイン吸引疑惑」。

成宮を週刊誌に売ったSというハーフの正体もあまりに怪しく、各メディアが報道から手を引き始めている。

「このSは、ブラジル人とのハーフで六本木を根城にし、関東連合などの半グレやホスト連中とつるんでいた。Sと兄貴分のAという人物は、各週刊誌に数百万円でネタを売り歩き、唯一FRIDAYが交渉に応じた。その際に、かなり買い叩かれたようで、報道後にツイッターやブログを開設し小遣い稼ぎをしようとした。しかし、思った以上にアクセスも伸びずに、現在は六本木に居場所がなくなり地方のホストを転々としているという。各メディアも、このSとAのコンビが金に汚く、また半グレ連中とつるんでいることで距離をおき始めている。未だに、確定的な写真を持っていると売り込んでいるようですが、どこの媒体も相手にしていない状況のようです。また、成宮の所属事務所であるトップコートも、民放各社やスポーツ新聞に今後、成宮の動向を報じないように挨拶回りをしたようで報道は一気に終息していったんです。」(週刊誌気記者談)

そんな中、一部の週刊誌はしつこく成宮の動向を探っているという。

「成宮は東南アジアを経由してヨーロッパに入ったと言われているが、現在はアジアに戻ってきているという情報がある。とある実話誌などと関係が深く、フィリピンで顔が利く元暴力団幹部などが、成宮の情報を売りさばこうとしているようです。成宮自身も芸能生活で稼いだ数億円と言われる貯蓄もあるようで、この資産を狙って成宮の身柄を抑えようとしているアウトロー系の連中もアジア入りしているという。この連中はコカインや覚醒剤を成宮に売りつけようとしているということです。日本ではマスコミに追われなくなった分、アジアという無法地帯に入り込んだおかげで、今度はアウトロー連中に追われるハメになっているようです。今回の一件で、成宮は日本での交友関係も全て精算してしまったので、誰も助けてくれる人物もいなければ、日本での情報も殆ど入ってこない。現在、日本ではさほど話題になっていないことを知らない成宮は、未だにアジアで「逃亡生活」を続けている。直ぐにでも日本に帰ってくれば、数日間マスコミに追われるくらいで命の危険までは無いはずですが、未だに命の危険さえあるアジアに居続けてしまっているんです。」(週刊誌記者談)

暮らしていくには有り余る資産を持っているようだが、逆にアウトローに狙われることになるとは本人も思ってもいなかっただろう。成宮がコカインや薬物を本当にやっていたのかどうか?現時点では、本人のみ知るところとなっているが、日本を離れ逃亡を続ける限り、悪の手は成宮を追い続けていくようだ。

相葉雅紀の実家、ジャニーズから警告受ける

嵐の相葉雅紀の実家で両親が経営する桂花楼、

そして叔母が経営する【ヒーリングストーン 癒夢】

あまりにも店内に嵐のグッズをおいたりと、相葉雅紀との関係性を誇示するあまり、藤島ジュリー景子からクレームが入ったとの赤坂方面からの噂。

ジャニー喜多川、引退へのカウントダウン

所属タレントのトラブルが続いているジャニーズ事務所。昨年末のSMAP解散の大騒動以来マスコミの統制も取れず、熱愛スキャンダルから中には金塊強盗との写真がネットに流出するなど目も当てられない状況だ。

 

「これまでは、ジャニー喜多川社長とSという広報部長が二人三脚でマスコミ対応をしていた。加えて、SMAPのチーフマネージャーだった飯島三智氏も加わり、そのキャスティングを武器にスキャンダルを封じてきたんです。しかし、飯島氏はSMAPの独立騒動で会社を去り、同じくして広報部長のS氏も昨年退職してしまった。そこからスキャンダルが多くなり、歯止めが効かない状況になっているんです。ただ、ジャニー喜多川社長に恩義を感じているマスコミ関係者は多く、特にテレビ局スタッフなどはジャニーさんのために、ジャニーズタレントに不利になる情報をいまだに情報番組では流さないようにしているようです。」(スポーツ新聞記者談)

 

そんな最後の砦とも言えるジャニー喜多川社長にも、引退の声が聞こえ始めているという。

 

「ジャニーさんに対して引退を薦めているのは、実の姉のメリー喜多川と娘である藤島ジュリー景子だと言われる。ジャニーズ事務所は嵐を2020年のオリンピックで売り出したい。しかし、大手広告代理店から「ジャニーさんの少年愛報道が問題になるかもしれない」と相談を受けているんです。週刊文春が報じたジャニー喜多川社長の少年愛報道は、日本では各マスコミが黙殺したため大きな話題となりませんでしたが、問題の根は深い。特に、児童ポルノに厳しい欧米各国向けにジャニーズ事務所が身辺調査をされると非常にまずい現状です。その当事者がいまだに代表権を持っているわけですから、早いうちに対処したいというのが、スポーツ利権を牛耳る大手広告代理店の思うところです。ジャニーズとしては、早急に藤島ジュリー景子へ代表権を移し、ジャニー氏は第一線から外れてもらうつもりのようです。しかし、ジャニー氏が経営から退けば、更にマスコミや民放各局のジャニーズ離れが加速する。そうなると、いま以上にスキャンダルも報じられるようになるでしょうね。」(民放関係者談)

 

変革の時を迎えるジャニーズ、どのみち、いままでのようにすべてが上手くいくという状況ではないようだ。

木村拓哉、主演映画が大コケで嵐ファンからも総スカン

木村拓哉が主演を務めた映画「無限の住人」が公開初週の興行ランキングで6位という大惨敗に。ジャニーズ事務所でも連日緊急の会議が何度も開かれたという。

 

「今回は、木村が普段取材を受けないような雑誌媒体やメディアに多く出演。テレビ番組でもバラエティや情報番組など、とにかく手当たり次第に出演をした。その結果の大惨敗とあり、SMAPの解散騒動で悪名を轟かせたジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長の怒りは凄まじく、ジャニーズ内部では宣伝担当の役員、映画を取り仕切るプロデューサーが降格させられるのではと不穏な情報も出ている。普段は温厚な次期社長候補と言われるメリー氏の娘である藤島ジュリー景子も焦っていたようで、各情報番組で放送される映画の興行ランキングを何とかその週だけ中止にできないかと、各局のプロデューサーに相談をして回っていたと聞きます。」(民放関係者談)

 

キムタクのショックも相当なものだったようだが、間髪入れずに後輩である嵐の二宮和也と共演をする映画「検察側の罪人」の発表が行われた。

 

「すでにネットでは俳優として評価の高い二宮に便乗したと、キムタクバッシングが始まっている。もはや俳優としてのキムタクのプライドはズタズタに切り裂かれた状態で、一部のジャニーズスタッフの間では「こんなことならSMAPを解散させるべきではなかった」と、恨み節が聞こえてくる始末のようです。」(芸能関係者談)

 

SMAPの解散騒動で一番評価を落としたのは、やはり木村拓哉だったようだ。

大島優子、FUCK動画で干され海外逃亡へ。休業は否定も大目玉

沖縄で開催されたAKB48選抜総選挙で、スピーチ中に突然の結婚発表をしたNMB48須藤凜々花。この模様はフジテレビでの中継でも放送され、各メディアで大きく報道された。メンバーたちから不満の声が多く聞こえてきたが、AKB48のOGからも批判は相次ぎ、総監督を務めた高橋みなみを始め、総選挙という舞台での暴挙を嘆く声が多数上がった。その中でも、「FUCK」と批判をしてしまったのが、大島優子だ。

大島は、インスタグラムの動画配信を使い数名の仲間とともに今回の騒動を批判する行動に。その際に、帽子に書かれた「FUCK」というロゴをアップで写すなど悪ノリ。これが裏目に出る結果となり、大島のSNSは炎上。直ぐにツイッターにて「この度は、インスタ動画で不適切なコメントをして申し訳ございませんでした。不愉快な気持ちにさせてしまってごめんなさい。反省しています。」と謝罪することになった。

「大島は熱い性格で、今回の須藤の一件をテレビ放送で見ていて怒り心頭に。AKB48の運営会社であるAKSの幹部にも連絡をし、事の真相を問いただしたそうです。この動画を撮影した時も、仲間内でやけ酒を飲んでいたようで、勢いで動画配信を行ったようです。この動画を見つけた事務所幹部がマネージャーへ連絡。直ぐに謝罪をするはめになった。というのも、大島はCMの話やドラマの話も進んでいた中で、今回の一件がニュースで広まってしまい広告代理店からすぐに確認が事務所に来てしまったからです。本人は軽い気持ちで行ったのかもしれないですが、事態は深刻な方向へ進んでいった。」(週刊誌記者談)

なぜに大島はここまで炎上し、謝罪をすることにまでなってしまったのか?

「大島は女優としてライバル関係にあった前田敦子と共に同じ事務所で切磋琢磨しあう仲でした。しかし、役になかなか恵まれず、話題作に出演はするが結果が出ない状況だった。片や難しい役もこなし評価を上げた前田と差が開くばかり。仕事が無いのか、最近では他のAKB48のOG達と同じく「ファンミーティング」で高額なチケットやグッズを売る商売を行っています。実は大島は、こういったAKB48の頃の栄光にしがみつくような仕事を嫌っていた。そういった反動もあり今回のような過激な抗議行動に出たのですが、現在の売上の生命線であるファンから総スカンを食らってしまったんです。大島のファンとしても、テロリストのような須藤の行動で、総選挙というシステムもAKB48グループもガタガタとなっている中、少しでも現役のメンバーを励ますコメントを待っていた。なのに、悪ふざけをして騒動を拡大するような大島の稚拙な行動に、SNSなどでファンは抗議の行動を起こした。現在の大島の収益源であるファンクラブの運営も危うくなり、また、AKB48時代からのファンを見込んだ上でのブッキングをしている広告代理店やドラマ、映画の関係者からも引いた目で見られるようになってしまう。実は、今回の騒動は女優としての仕事が少なくなっていた大島にとってはかなりの痛手だったわけです。」(スポーツ新聞記者談)

そして、海外への留学という突然の発表も今回の炎上と深く関わりがあるという。

「事務所としては、数ヶ月間お灸をすえるために海外留学という名の謹慎を行おうと考えていた。そこを、デイリースポーツと東スポにすっぱ抜かれ、急遽「留学」ということにしたんです。しかも、芸能活動を休止すると報道されてしまったことで、大慌てで否定するなど大混乱に。実際は、留学をするようなスケジュールは組んでいないようで、せいぜい語学教室に通う程度。東京でも出来るようなものだそうです。実情は、関係者へ向けての見せしめ的な部分が大きいようで、公式のSNSなども勝手に大島が配信しないように厳重にスタッフに管理されるようです。数ヶ月して須藤の卒業が発表されホトボリが冷めた頃にこっそり戻ってくるつもりのようです。」(週刊誌記者談)

一人の身勝手な行動で、卒業メンバーまで巻き込み混乱を生み続けている須藤の結婚騒動。最終的にはどんな結末を迎えるのか?楽しみで仕方がない。

乃木坂46にはいじめられていたメンバーが多かった

紅白への出場も果たし大躍進をしている乃木坂46。公式ライバルという設定のAKB48へは、売上で迫る勢いとなり誰も止められない人気を獲得している。

 

その人気はどこにあるのか?

 

「乃木坂46はAKB48グループにはない清純派路線でシッカリと作りこまれている。また、事務所もレコード会社もすべてがソニーで一括して受けていることで統率が取れている。売りどきとなればスケジュールを全メンバー合わせて一気に仕掛けてくるのでメディアも使いやすく、人気は高まっていきました。」(アイドル雑誌ライター談)

 

テレビ、雑誌を中心に制作サイドにも非常に評判が良いのも特徴だという。

 

「プロデューサーや編集長に受けがいい。性格に難のあるメンバーもいますが、白石麻衣や生駒里奈など主軸のメンバーが礼儀正しく好かれていますね。というのも、AKB48のメンバーが非常に態度が悪かったのも関係していると思いますよ、乃木坂はいい子が多いなって(笑)。ソニーは老舗のレコード会社ですからシッカリとマネージメントしているようで、礼儀作法の教育は徹底しています。松村沙友理が集英社の社員と不倫騒動をした時も、大手メディアの中には「松村を助けよう」という動きがあったくらいですから、完全に味方につけていますね。」(同上)

 

何かとAKB48と比較される乃木坂46だが、決定的に違う部分がある。メンバーが私生活を切り売りしないところだ。

 

「AKB48では、初期の頃はSNSをメンバーが皆多用し、私生活を切り売りしていました。指原は地元ではイジメられ引きこもりだったことを明かし、大島優子は片親で父親に色々な迷惑をかけていたことを告白。秋元才加はフィリピン人とのハーフであることも明かした。それ以外にも、有名無名関わらず皆が私生活を晒すことでファンとの距離感を縮めて人気を出した。逆に、乃木坂は極力、私生活の部分は出さない方針でいる。」(スポーツ新聞記者談)

 

これには、深い理由も存在するという。

 

「乃木坂メンバーは実は二分割することが出来る、と言われています。超お金持ちのお嬢様と、暗い過去を持っているメンバーに。キャプテンの桜井玲香はお金持ちのお嬢様で知られ、不倫騒動の松村も関西で有名な進学校に通っていたお嬢様。逆に、乃木坂の顔として知られる白石麻衣は、頑なに群馬県時代の話をしようとしません。はじめは、華やかなイメージの白石に田舎の群馬が合わないから話さないのかと思いましたが、どうも小中学校時代にかなりひどいいじめにあっていたようです。あれだけの美人ですから目をつけられていたんでしょう。白石は群馬県には極力帰らないと話し、両親も都内に呼び寄せているとか。また、ドキュメンタリー映画でも話されていましたが、生駒里奈も地元ではいじめにあっていた。映画では深く語られなかったが、かなりひどかったようで、生駒も最後まで映画で地元に変えることを拒んでいたようです。西野七瀬も大人しくて暗い性格が災いし、地元の大阪ではいじめられていたようで、そのトラウマもあってか乃木坂でも関西出身メンバーとはあまり仲が良くない。関西弁を聞くのが苦手なんだとか。なぜ、そんなに過去にいじめられているメンバーが多いのか?オープニングメンバーオーディションの時にAKB48と差別化をする上で秋元康より「すごいお嬢様」か「暗い過去を持つ少女」という大まかな選考基準が言い渡されたそうです。まさに、両方共に男性が非常に好む女性のタイプです。その狙いがピシャリと当たっていまの人気があるというわけですね。」(アイドル雑誌ライター談)

 

AKB48の人気が下降線な中、乃木坂46にAKBファンがどんどん移っているという話も聞く。新たなオーディションも始まる乃木坂だが、選考基準はいまも守られているのだろうか?

ももクロを潰せ!業界総出でバッシング今年に消える?

ももいろクローバーZが大ピンチとなっている。ここまで快進撃を続け、女性アイドルとしては唯一AKB48に対抗できるまでに成長。しかし、今年消える可能性も?

「現在のももクロのマネージャーであるKは、完全に傍若無人。今のところ、現場マネージャーやスタッフがKのパワハラで次々とやめている。このKはももクロのすべてを管理し、現在は事務所の役員にもなり発言権が出た。最近では、独断で仕事を決め業界のルールも無視をすることで、芸能界でも煙たがらられている。そんな最中、テレビ朝日「3B junior」にてヘリウムガスで12歳のタレントが重体となる大事故が発生した。この3B juniorも、ももクロに関係するアイドルでKも関与している。今回の事故をキッカケに、業界の大物が週刊誌やスポーツ新聞を使ってももクロのバッシングを始めようとしているようです。おかしなタイミングで、ニューヨーク・タイムズの記者が、ラッツ&スターと共演をした際に顔を黒塗りにしたももクロに対して「人種差別を助長している」といちゃもんをTwitterでつけてきた。こういった嫌がらせを、今年はかなり本格的に行い、イメージダウンを図ろうとしているようです。(スポーツ新聞記者談)」

ももクロ人気もここまでか。