V6三宅健に相撲協会が熱視線を

最近、芸能界でも一、二を争う相撲ファンとしてその名を知られるようになったのがV6の三宅健。

最近では各一門の親方衆からも一目、置かれる存在になったと言うからまさに筋金入りだ。

実はこの三宅に相撲の醍醐味を教え込んだ大物芸能人がいた…。所ジョージだ。この意外な組み合わせの二人だが当時、三宅がレギュラーを務めていた『伊藤家の食卓』(日テレ)に所がスペシャルゲストとして参加してからの付き合いだとい言う…。

そんな三宅に所が紹介したのが当時、まだ現役だった武双山(現藤島親方)だ。

「武双山は所が主催するハーレーダビッドソン・ツーリングクラブのメンバーで遊び仲間。04年の断髪式に参加したほど仲がいい。当初、面食らっていた三宅だったが武双山と話す内に相撲の面白さに目覚めたらしい。さらに他の力士の取り組みを観戦している内に完全に虜になってしまった。以来、三宅は足繁く両国に通うようになるんです。しかも最近は三宅は仕事が全くなく、相撲ばかり見ていまやデーモン小暮以上の知識があるとの噂もあるほどだ。(関係者談)」

いずれにせよ三宅の相撲に対する愛情は本物なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です