SMAPvs嵐が今年激化している

いまテレビ界のジャニタレ勢力図は“SMAP派”と“嵐派”に二分さ

れると言う。

「これまで各テレビ局はスマ担(SMAP担当)とアラ担(嵐担当)を置いて来たが日テレは正式にスマ担を廃止しアラ担一本に絞るという話です。(民放関係者談)」

ライバルである日テレの行動にあるジャッジを迫られているのがフジテレビだ。現在、視聴率低迷が叫ばれる『SMAP×SMAP』(フジ)を打ち切って後任に嵐の冠番組を立ち上げる企画が局内に上がっているのだ。

「実は嵐とSMAPの対決はジャニーズ事務所のお家騒動の象徴でもあるんです。“嵐”の担当者は喜多川一族。対するSMAPは敏腕マネージャーで知られるI氏。一番のドル箱を一族でマネージメントすることが悲願だった。現在、嵐はコサート動員数は100万人を記録し、CDセールスはついに150万枚を突破した。テレビ界では“ポスト・SMAP”と言えば“嵐”と言うのは誰もが認めるところだ。(同上)」

この事態を受けてSMAPと嵐のメンバー間にも亀裂が入っていると言う…。

「嵐にトップを譲りたくないSMAPが局員やスタッフを捕まえて食事に誘っては忠誠心を確認している。一方の嵐は、自ら企画書などをテレビスタッフに提案し一緒に番組を作ろう必死だ。少し前のSMAPを見ているようだ…。(芸能プロ関係者談)」

世代交代は世の習いか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です