テレビ局に存在する「ジャニーズ担当」の裏側暴露

キー局のテレビマンにとって誰もが憧れるポジションがジャニーズ担当、通称“ジャニ担”だ。数々のヒット番組を生み出したプロデューサーやディレクターの中から選抜されるのだ。ところがこの“ジャニ担”、最終的な判断はジャニーズ事務所にあると言う。

「毎年、各テレビ局から10~20名近くがジャニーズに推薦される。しかし、その中から選ばれるのは一人もしくは0人と言う年もある。選抜方法は簡単です。待っているだけなんです」(事情通)

実は局の推薦を受けたジャニーズサイドは局員について徹底的に調査すると言う。

「テレビマンとしての将来性や人間としての資質。お金に対し綺麗か。究極は顔。太っていたり醜いブサイクなテレビマンは弾かれるんです」(編成関係者)

晴れてジャニーズサイドの厳しい選考を通過するとある時、一つのメールが届くのだ。

「文 書を開くと“YOU  GOT  ACAHANCE”と書かれ恵比寿にある某高級焼き肉店の住所が書かれている。このメールを持って指定された日時に行くと嵐やSMAP、KAT-TUN、 関ジャニ∞などのメンバーが勢ぞろいして出迎えてくれる。しかもお酌までしてくれるんです」(関係者)

実はジャニ担が局員にとって憧れとされているのには別の理由があると言う。

「局員としても将来が約束されるんです。現在、各テレビ局の役員候補や局長は皆、元ジャニ担です。当然、必死になるわけです」(事情通)

テレビマンは今日も“YOU  GOT  ACAHANCE”と書かれたメールが届くのを待っているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です